読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUNRISE REPORT

的野のこと ワークチョップ報告 チョップ村開墾キロク

サンライズチョップ★的野の活動について

このブログで的野のことや、ワークチョップについて書いておりますが、
『そもそもこの活動ってなに?!』
という天の声が聞こえてきそうなので、
質問形式で私たちの活動についてご紹介します!


★3月13日 追記 ------------------------------
サンライズチョップ★的野』は
①的野、新宮町の認可を受けた正式な市民団体になりました。
②団体設立、イベント、取り組みなど全ては的野区総会、
 役場の方々と協議の末、決定・実行しています。
③民間有志が先頭で運営しています。
④的野区の里山の人達と協力して活動しています。
------------------------------------------------------------

 

Q1★この活動はどんな人が取り組んでいるの?
的野の活性化のための実行部隊、『サンライズチョップ★的野』が取り組んでいます。
略してチョップ隊。今回のイベントの実行委員です。
昔ながらの里山文化を受け継ぎたい、暮らしや生き方について考えたい、
自然が好き、とにかく楽しいことが好き、そんな気持ちで集まった有志のメンバーです。
普段はそれぞれ働いており、プライベートでこの活動に取り組んでいます。
楽しむことを忘れず本気一緒にできる実行委員メンバー、ボランティアスタッフの仲間を募集中!☆

f:id:sunrise_chop_matono:20160308124732j:plain

 


Q2★イベントの他に何をしているの?
的野の里山文化再生、活性化を目指し活動しています。
6月のイベントも、その中の一つです。
具体的な活動内容をご紹介します。

 

1☆的野地区の行事に参加、お手伝い

f:id:sunrise_chop_matono:20160308223213j:plain

f:id:sunrise_chop_matono:20160308124753j:plain

 

 

2☆ほぼ毎週日曜日開催のマウンテン☆ワークチョップ

f:id:sunrise_chop_matono:20160308125345j:plain

f:id:sunrise_chop_matono:20160308125605j:plain

 

3☆6月のサンライズフェスイベントの準備

f:id:sunrise_chop_matono:20160308221019j:plain

f:id:sunrise_chop_matono:20160308220736j:plain

 

 

 4☆罠猟、毎日の罠の見回り、得た鹿や猪の解体

f:id:sunrise_chop_matono:20160308222440j:plain

f:id:sunrise_chop_matono:20160308222402j:plain

 

5☆解体したお肉をジビエ料理として提供

f:id:sunrise_chop_matono:20160309002250j:plain

f:id:sunrise_chop_matono:20160309002313j:plain

 


6☆頭骨標本の制作、皮の加工など

f:id:sunrise_chop_matono:20160308235812j:plain

f:id:sunrise_chop_matono:20160308235909j:plain

 


7☆チョップ村、畑の開墾

f:id:sunrise_chop_matono:20160309001230j:plain

f:id:sunrise_chop_matono:20160309001242j:plain




8☆その他いろいろ

f:id:sunrise_chop_matono:20160309003741j:plain

f:id:sunrise_chop_matono:20160309004044j:plain

f:id:sunrise_chop_matono:20160309004134j:plain



そして、大切なこと。

Q3★なぜ鹿や猪など野生動物を捕る必要があるのか?
一言で言うならば、農家の方々が苦しんでいるからです。
"年間200億"この数値は1年間で野生動物により被害を受けた農作物の被害総額です。
そして、野生動物の数は年々増えていっています。
その背景には生態系バランスの崩れや狩猟文化の衰退などがあります。
駆除し処分するだけではなく、命に敬意をはらい、自分達の血肉として取り入れることで活かしたい。
そんな想いで、この活動に取り組んでいます。

このことについて、ナッツ(ワークショップ担当・原谷明弘)が
調べたこと、実際の経験から得た知識、芽生えた気持ち、気づきをまとめました。

こちらhttp://sunrise.yamanoha.com/naturepo.htmlから、ぜひご覧ください!
私たちが普段食べているお肉を口にするまでの経緯や、命、環境について考えるきっかけになればと思います。





また、先月からクラウドファンディングを始めました。
こちらにブログでまだ書ききれていないことも掲載しています。
この活動を応援してくださる方がおりましたら。。お力をお貸していただけたらと思います!

readyfor.jp

 いずれは、こういう動きが的野だけでなく、まだ残っている日本中の山村にも広がって、その土地その土地の場所らしさを残しながら未来に繋がればいいなと思います。


長くなりましたが、とにもかくにも的野は素敵なとこなので、
ぜひとも遊びに来て欲しいです!*